spine脊椎専門外来

INTRODUCTION脊椎専門外来について

当院の脊椎専門外来は、腰痛や頚部痛、側弯症など、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に伴う手足のしびれや痛みに悩む方向けの専門外来です。脊椎に関する疾患は、骨や周囲の筋肉だけでなく、神経圧迫による手足の症状も伴うことがあります。そのため、レントゲンだけでなくMRIによる精密検査が必要な場合もあります。当院ではオーダーメイドの治療で、理学療法士によるリハビリ、神経痛に特化した痛み止め、ハイドロリリース、神経ブロック注射などの薬物療法を含む保存療法を提供します。また、必要に応じて手術療法もご提案いたします。患者様一人ひとりの症状やニーズに合わせた最適な治療プランを立案し、痛みの軽減や機能の回復を目指します。ご不明点やご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。

SYMPTOMSよく見られる症状

  • 腰痛
  • 首の痛み
  • 肩こり
  • 腰椎椎間板ヘルニアに伴う神経痛やしびれ
  • 脊椎の変形(例: 側弯症)
  • 坐骨神経痛
  • 脊椎の運動制限
  • 脊柱管狭窄症による神経圧迫による症状
  • 椎間板の劣化による痛みや機能低下
  • 脊椎関節症に伴う痛みや不快感

FEATURE脊椎専門外来の特徴

FEATURE 01椎間板や脊椎の専門治療

腰痛、頚部痛、側弯症など、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に伴う悩ましい症状に特化した専門外来です。脊椎に関する疾患は単なる骨や筋肉だけでなく、神経圧迫による手足の症状も含まれます。

01

FEATURE 02精密な診断とカスタマイズ治療

レントゲンだけでなく、症状や原因を明確に把握するためにMRIによる精密検査を行います。オーダーメイドの治療で、理学療法士によるリハビリ、神経痛に特化した痛み止め、ハイドロリリース、神経ブロック注射などの薬物療法を含む保存療法を提供します。

02

FEATURE 03手術療法の提案

必要に応じて手術療法もご提案いたします。患者様の症状や状態に合わせ、最適な治療プランを検討し、脊椎の悩みにきめ細かく対応します。

03

脊椎専門外来は、椎間板や脊椎に関する専門治療、精密な診断とカスタマイズ治療、必要に応じた手術療法の提案を通じて、患者様の脊椎疾患に対するトータルケアを提供します。

SYMPTOMSよく見られる症状

  • 頚椎症
  • 頚椎椎間板症
  • 頚椎すべり症
  • 変形性頚椎症
  • 頚椎症性神経根症
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 後縦靭帯骨化症
  • 胸郭出口症候群 など
 

  • 変形性腰椎症
  • 腰椎椎間板症
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎分離症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア など

FLOW診療の流れ

  • POINT01

    診察

    脊椎外来では、首・腰の痛みや手足の神経痛や痺れを丁寧に診察します。問診では、いつから、どういった時に、何をすると、日常生活でどの程度困っているのかをまず聴取します。

  • POINT02

    触診

    触診では、押して痛みのある部位、首や腰を曲げることで痛みや痺れが引き起こされるかどうか、筋力の低下がないかなどをチェックします。

  • POINT03

    検査

    レントゲンの検査を行います。その結果、首や腰のヘルニアや脊柱管狭窄症が疑われる場合はMRIの撮影をお勧めする場合があります。MRI検査は近隣の医療機関に、患者様のご都合を伺いながら、当院で予約をお取りし、ご案内致します。(最短で当日撮影も可能)

TREATMENT治療の流れ

STEP01

理学療法士による姿勢や柔軟性、筋力の強化、歩行訓練など

STEP02

薬物療法

痛みや痺れを抑える内服薬(8種類以上から選択)や湿布などの外用薬

STEP03

物理療法

低周波治療で痛みを緩和します

STEP04

装具

首や腰のコルセット ※週1回装具業者が対応

STEP05

手術

上記の4つの治療を行っても十分症状改善が得られない場合の最終手段
⇒ヘルニア手術、除圧術、固定術、側弯症手術、BKP手術

手術紹介先は患者様のご希望を伺いながら、全国どの医療機関にもご紹介可能ですが、専門医からの視点で手術の紹介先のメリットデメリットをお伝えします。 手術目的で紹介させて頂くかどうかは、患者様ご本人のご希望も伺いながら最終決定いたします。