shockwave体外衝撃波治療外来

INTRODUCTION体外衝撃波治療外来について

当院の体外衝撃波治療外来は、長引く関節や筋肉の痛みがなかなか改善しない方々に適した治療法です。高エネルギーな衝撃波を用いて治療を行い、組織や細胞に刺激を与え、疼痛や炎症を強力に取り除くだけでなく、組織の修復を促す効果も期待できます。さらに、関節痛や肩こり、腰痛などの慢性疼痛だけでなく、骨折や捻挫、靭帯損傷などの外傷にも効果的であり、身体へのリスクが少ないのも特徴です。

SYMPTOMSよく見られる症状

  • 腱の炎症:
    ・アキレス腱の炎症(アキレス腱痛)
    ・回旋腱板の炎症
  • 筋肉や軟部組織の損傷:
    ・筋肉の損傷やけが
    ・腱の損傷(腱炎)
  • 慢性的な関節痛:
    ・膝の痛み(膝関節痛)
    ・肩の痛み(肩関節痛)
  • スポーツ障害:
    ・スポーツに伴う怪我や過負荷
    ・運動による損傷
  • 関節可動域の制限:
    ・関節の硬さや可動域の制限
    ・慢性的な動きの制約
  • 慢性的な炎症:
    ・関節や周囲の組織の慢性的な炎症
    ・疼痛や腫れが続く状態

FEATURE体外衝撃波治療外来の特徴

FEATURE 01高エネルギーな衝撃波で痛みと炎症の強力な軽減

体外衝撃波治療は、高エネルギーな衝撃波を使用して慢性的な関節や筋肉の痛みにアプローチします。この衝撃波は組織や細胞に直接働きかけ、疼痛や炎症を効果的に軽減します。

01

FEATURE 02広範な適応範囲で外傷や慢性疼痛に対応

体外衝撃波治療は関節痛や慢性的な筋肉の不快感だけでなく、骨折や捻挫、靭帯損傷などの外傷にも効果的です。そのため、幅広い症状や疾患に対応することができ、患者様の多様なニーズに応えます。

02

FEATURE 03身体へのリスクが少ない安全な治療法

体外衝撃波治療は非侵襲的かつ安全な治療法であり、手術や薬物療法と比較して身体へのリスクが少ないのが特長です。患者様は安心して治療を受けることができ、短期間での回復が期待されます。

03

体外衝撃波治療は、その高い治療効果と広範な適応範囲、そして安全性によって、長期間続く関節や筋肉の痛みに悩む患者様にとって理想的な治療法となっています。

DISEASEよく見られる疾患

肩から足裏まで、全身に使用できます。

  • 変形性関節症(膝・股関節・肩・足首、CM関節症、ヘバーデン結節)
  • 足底筋膜炎・踵骨棘
  • アキレス腱炎
  • 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  • 上腕骨外側・内側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)
  • 五十肩・石灰沈着性腱板炎
  • 腰痛・肩こり
  • 肉離れの後遺症
  • 骨折後の骨の付きが悪い

FLOW診療・治療の流れ

体外衝撃波治療外来の治療プロセスは以下の通りです

 
  • POINT01

    診察

    医師が患者を診察し、症状や疾患の詳細を把握します。治療が適応かどうかを判断します。

  • POINT02

    検査

    必要に応じて、レントゲンやMRIなどの検査を行います。これにより、患者の状態や治療部位を詳細に把握します。

  • POINT03

    触診

    医師が患部を触診し、痛みや異常を確認します。治療部位を特定し、治療の方針を決定します。

  • POINT04

    体外衝撃波治療の実施

    治療部位に専用のジェルを塗布し、体外衝撃波治療を行います。治療は、拡散型では約2分程度、集束型では約10分程度かかります。医師や技術者が専用の機器を操作し、患者に応じた適切な治療パラメータを設定します。

  • POINT05

    経過観察と調整

    治療後、患者の症状や治療効果を評価します。必要に応じて治療計画を調整し、追加の治療やフォローアップを行います。患者の経過を定期的にモニタリングし、最適な治療結果を得るために努めます。